BLOG

クロスバイクとロードバイクの違い、ご存知ですか?

2019.07.16

当記事に掲載中の商品情報(商品在庫、販売価格or買取金額など)は1年以上前の情報ですので、現在の状況と異なる可能性が高いです。お手数ですが、TOPページより最新の情報をご確認下さい。

皆さんこんにちは!・ω・)ノエコプラス小倉北店のシマジローです。

今回は通勤を楽しくしてくれるアイテムとして最近、注目されている「クロスバイクとロードバイク」の違いについてご紹介したいと思います。

エコプラス小倉北店は買取店ですので販売はおこなっていないのですが、エコプラス小倉南店では、クロスバイクをはじめとする豊富な種類の自転車を取り扱っています。

これから『ママチャリから卒業しよう!』と思っている皆様はぜひ、この記事を読んで、自分にぴったりな自転車をご購入されて見て下さい。

前置きが長くなりましたが早速、違いを見ていきましょう!

 

■クロスバイクとロードバイクの違いについて

まずはクロスバイクとロードバイクの写真を並べてみました。

皆さんはこの違い、お気づきになられますか?

 

そうです、実はハンドル部分の形状が全然違うんですね。

では、どっちがクロスバイクで、どっちがロードバイクなのでしょうか。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

■よく見かけるまっすぐなハンドルが特徴のクロスバイク

クロスバイクの最大の特徴は、一般的な自転車にもよく見かけるフラットなハンドルです。

ママチャリしか乗ってこなかったシマジローみたいはタイプは、このフラットなハンドルが違和感なく乗りやすくて好きかもしれないです。

姿勢もママチャリとあまり変わりませんので、楽な姿勢を維持できます。

 

■競輪選手が乗っているみたいなクルッと曲がったハンドルが特徴のロードバイク

ロードバイクは、いかにも『速そう』という見た目をしています。

競輪選手が乗っているような自転車とハンドルが似ていますね。

 

ただ、ハンドルがこのクルッとなっているだけでは、「ロードバイク」なのか?「シクロクロス」なのか判断することができません。

実はタイヤの太さや溝の違い、ブレーキや想定されている走路などに違いがあります。

 

その違いはまたの機会にお話しようと思いますが、話を戻すとロードバイクの特徴は、クルッと曲がったハンドルと細いタイヤですね。

クロスバイクよりも更に速さを追求できるよう設計されています。

そのため、重量が10kg以下ってこともめずらしくありません。とにかくペダルを踏み込んでみると、その違いがわかります。

 

ちなみに、運転中の姿勢は前傾になるため、長時間のサイクリングは辛く感じる方も多いと思います。

ただ、クロスバイクとは違いハンドルの持つ位置を変えることができるので、負担を分散させながら乗ることができます。

 

まとめ

クロスバイクとロードバイクの大きな違いは「ハンドルの形状」でした。

ちなみにあのクルッと曲がったハンドルのことを「ドロップハンドル」と呼び、よく見たことある真っ直ぐなハンドルのことを「フラットバーハンドル」と言います。

 

自転車は「本体の重量が軽くなるほどスピードが早くなる」と考えられ、ロードバイク・クロスバイクともにママチャリとは比べ物にならないくらい軽く設計されています。

とにかく速さを求める方はロードバイクを、運転姿勢をママチャリなどと変えず速さを求める方はクロスバイクをオススメします。


【お知らせ】
2019年1月から、エコプラス門司店は毎週水曜日が定休日となります。
※小倉南店・小倉北店は通常通り営業いたします。

◇◆ 総合リサイクルショップ エコプラス門司店 ◆◇

福岡県北九州市門司区大里戸ノ上1-1-1 【地図】

TEL : 093-372-7221  FAX : 093-372-7223