BLOG

【腕時計の選び方】メンズにおすすめしたいブランドをシーン別に紹介します

2021.11.23

腕時計には様々な顔があり、着用する場面や服装などで印象がガラッと変わります。

そして、その印象の違いはデザインによって大きく左右されます。

ですが、様々なブランドが各メーカーから販売されており、正直、どういった時計をつけたら良いか迷う方もいるのではないでようか。

ということで今回は、メンズにオススメしたい腕時計のブランドを利用シーン別に紹介していきたいと思います。

ビジネスシーンで身に着けたいブランドの一覧と特徴について

まずはビジネスシーンで身につけたい腕時計ブランドについてご紹介していきます。

オメガ

時計についてあまり詳しくない方でもオメガをご存じの方は多いのではないでしょうか。
1848年に創業した時計メーカーで、アメリカ航空宇宙局に採用された「スピードマスター・プロフェッショナル」で有名なメーカーです。
「スピードマスター」の他にもオメガの定番モデルには「シーマスター」や「コンステレーション」があります。

おすすめのモデルは「スピードマスター」や「シーマスター」です。
時計のデザインはシンプルなオールステンレス製で、バリバリ働く現役のビジネスマンに最適な時計といえるでしょう。

タグホイヤー

タグホイヤーは1860年に創業の時計メーカーです。
有名プロスポーツ選手と多く契約しているため、その名前を耳にしたことがあると思います。
特にモータースポーツ界と関連が深く、車をモチーフにした時計も多いのが特徴です。

おすすめのモデルは「カレラ」で、「クロノグラフ」というストップウォッチが搭載したデザインで非常に人気の時計です。

IWC(アイ・ダブリュー・シー)

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は1868年に創業した時計ブランド。
シンプルな昔ながらのデザインの時計が多く、永久カレンダーなどの複雑時計も自社で一貫して製造している伝統的な高い技術を持つメーカーです。

おすすめモデルは「ポルトギーゼ」。
革ベルトに三針ととてもシンプルなデザインなので、スーツやシャツに非常に似合います。

普段使いにおすすめなブランドの一覧と特徴について

次に普段使いにおすすめな時計ブランドを紹介します。

カルティエ

1847年にフランスのパリで、ルイ・フランソワ・カルティエがジュエリー工房とブティックを創設した宝飾ブランドです。
時計メーカーではありませんが、デザイン性が非常に高くメンズだけでなくレディースも大変人気なブランドといえます。

おすすめなモデルは「カリブル」。
文字盤の数字がローマ文字なのが特徴で、気品のあるデザインとなります。
デザインも落ち着いているのでビジネスシーンでも問題ありませんが、おしゃれな雰囲気が普段使いにとてもマッチしていると言えるでしょう。

ブルガリ

1884年にイタリアのローマで創業した、高級宝飾ブランド。
1977年に発表された「ブルガリ・ブルガリ」は、宝飾ブランドながら世界中で注目された時計で40年以上定着し続けるロングセラーモデルです。

そんなブルガリでおすすめのモデルは「オクト」。
天才時計技師「ジェラルド・ジェンタ」氏が手掛けた時計で登場時はとても話題になりました。
デザイン自体はとてもシンプルでビジネスシーンにも映える時計です。
ですが時計のサイズも大きく、角ばっていて若干奇抜なデザインですので普段使いにおすすめしたい時計です。

シャネル

1910年にパリにココ・シャネルが帽子専門店を開設したのが始まりです。
シャネルはファッションブランドとして世界的に有名ですが、時計ブランドとしても非常に人気です。

シャネルといえば「J12」。
材質がオールセラミックと、高級腕時計には珍しい素材を採用していることが特徴です。
ブラックかホワイト(グレーもありますが)のカラーがあり、そのどちらも人気な時計です。
派手な雰囲気がありますので、ビジネスシーンにはあまり不向きといえるでしょう。
普段使いに是非おすすめさせていただきます。

男性におすすめなハイブランドな時計メーカーについて

ビジネスシーンや普段使いにおすすめな時計メーカーをご紹介しました。
最後にハイブランドでおすすめの時計メーカーをご紹介させていただきます。

ロレックス

ロレックスは世界で最も有名な腕時計メーカーといえます。
1905年に創業した腕時計メーカーで、ロレックスの時計は実用的で高機能、堅牢性の高い性能と、認知度が高く最高のステータスがあることが特徴です。

おすすめのモデルは「デイトナ」。
ゴールドやプラチナ素材のモデルなどもありますが、オールステンレスモデルが非常に人気です。
プレミア価格が付くほどの人気ぶりで、高級腕時計界で最も人気の時計といえます。

パテックフィリップ

1839年に創業した超名門時計ブランドです。
パテックフィリップの特徴は自社で永久的に修理が可能、全てが自社で一貫して製造されているメーカーとなります。
世界三大時計メーカーのひとつで、世界一のブランドとして名高い時計メーカーです。

おすすめは「ノーチラス」です。
パテックフィリップの中では珍しいステンレスモデルもあり、スポーツタイプの時計となります。
ロレックスのデイトナ同様、かなりのプレミアがつくモデルで非常に人気のモデルです。

ブレゲ

アブラアム=ルイ・ブレゲという「時計の歴史を200年早めた」と言われる超天才時計技師が創業した名門メーカーです。
世界五大時計メーカーで、ナポレオンやマリーアントワネットが愛用したと言われています。
世界で一番高いと言われる「No.160」はなんと30億は超えるとのことです。

そんなブレゲでおすすめな時計は「マリーン」。
ステンレスのモデルもありますがゴールドモデルがおすすめです。
高級時計には珍しいラバーベルトを採用しており、伝統的な時計ブランドながら遊び心のあるモデルですね。

ハミルトン

1982年に誕生したアメリカ発祥のスイスの時計メーカーです。
鉄道会社や航空会社で採用されるような正確さに定評があることが特徴となります。

おすすめは「ベンチュラ」です。
デザインがかなり奇抜で、三角形のフェイスをしています。
1957年に世界初の電池式腕時計と言われている伝統的なモデルです。
奇抜なデザインですので、普段使いに付けると非常におしゃれですね。

ロンジン

1832年にスイスで誕生した名門時計メーカーです。
パテックフィリップよりも長い歴史を持ったメーカーで、高い技術力で製造される時計が定評を受けています。

「ヘリテージ」や「マスターコレクション」などが人気で、普段使いはもちろん、ビジネスシーンでも使える時計です。

まとめ

今回はビジネスシーンや普段使い、ハイブランドやローブランドな時計をそれぞれまとめました。
ビジネスシーンにおいては年齢やポジションに合わせた金額帯の時計を身につけることも大切になっていきます。

またビジネスシーンでは、派手な時計や大きすぎる時計などは着用していると、あまり良い印象を持たれない場合があります。

とくにビジネスシーンでの着用が多い方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、ご自身にあった時計を選んでいただければと思います。