BLOG

クロノスイスのモデルの選び方や定番について解説します

クロノスイスは1983年に、「ゲルト・R・ラング」という時計技師がミュンヘンに設立した時計メーカーです。

世界初のスケルトンダイヤルを組み込むといった、数々の傑作時計を発表しています。

いくつかのモデルがあるクロノスイスは、時計職人の情熱が詰まった機械式時計ブランドです。

丁寧な手作業で作られ、時計コレクターからも絶大な人気を誇っています。

では高級時計のロレックスやオメガにも劣らないクロノスイスは、どんな特徴と強みがあるのか。ここから解説していきます。

クロノスイスの特徴について

クロノスイスの特徴は、大きく分けて下記の3つです。

  • 特別感のある機械式腕時計
  • デザインと実用性を高めたギョーシェ彫り
  • 魅力溢れる七宝文字盤

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

特別感のある機械式腕時計

クロノスイスには以下の高度な職人技が施されています。

  • ギョーシェ彫り
  • エナメル加工
  • スケルトン

ダイヤルには細かい模様のギョーシェ彫りが用いられています。加えてダイヤルを深みある表情にするのがエナメル加工です。

そしてパーツのデザインを美しくするスケルトンは、職人の中でも熟練技法と言われています。

このような熟練技法が緻密に作り込まれているからこそ、唯一無二の美しさを作り出しているのです。

デザインと実用性を高めたギョーシェ彫り

ギョーシェ彫りはダイヤルに連続模様を入れ、装飾的に美しくします。

18世紀、職人の繊細な手作業から生み出されました。美しさだけではなく光反射を抑えます。そしてダイヤルの視認性も高くするのが特徴です。

機械の彫り込みやプレス型のダイヤル装飾もできますが、クロノスイスは職人独自の技法を重視しています。

緻密で細かなギョーシェ模様を操れる職人は、世界中探してもごくわずかしか存在しません。

大量生産に向かない方法です。同時に他メーカーでは真似できない独自性をも作り出しています。

魅力溢れる七宝文字盤

七宝文字盤は、その名の通り七宝焼き(しっぽうやき)が用いられています。金や銀といった金属素地に七宝用絵具を盛り、高温で焼き付ける技法です。

750~950℃の高温で焼き付けることで、美しい色彩を作れます。

古代エジプト時代では、高級な加工技法として高く評価されていました。

専用の炉で何度も焼くため、かなりの時間を費やしていたことでしょう。現代で行うには、まさに熟練職人しかできないといわれています。

時間と手間を惜しまず、上質な美しさを生み出したのが七宝文字盤です。優雅な光沢が人々を魅了させています。

クロノスイスの強み

クロノスイスはクラシックなデザインが印象的です。どこか懐かしさを感じさせるアンティーク時計は、世界中でも人気が高まっています。

パーツの生産はスイスで行われており、精度が抜群です。大きく作られているリューズはレギュレーター仕様になっています。

スーツやタキシードに馴染みやすく、着用者を上品にさせる腕時計です。またクロノスイスは現在、レギュレーターモデルを主力としています。

幅広いデザインも展開しており、コレクターが目移りするほどといっても過言ではありません。

デジタル時代と対局にある手作り機械式時計は、現代で希少価値の高いものとなっています。

クロノスイスの定番なモデルの特徴とオススメな型番(品番)1選

クロノスイスは、上品上質な魅力を放ちます。どのモデルも魅力でしょう。

そして現在は数多くのデザイン展開をしていますが、これといった代表する時計がわからない人も多いはずです。

また各モデルにはそれぞれの特徴や魅力があり、選ぶのに困ってしまうでしょう。

ではそんな迷ってしまう方に向けて、クロノスイスの定番なモデルの特徴とオススメな型番(品番)を紹介していきます。

シリウス クロノグラフ レトログラードの特徴とオススメな型番(品番)

気品の高いモデルとして【シリウス クロノグラフ レトログラード CH-7543B】を解説していきます。

「見ているだけで楽しくなる腕時計」として定番の一本です。

レトログラードはフランス語で「逆行」という意味を表しています。秒針が円ではなく扇形で動き、目盛り端に到着後フライバックする仕組みです。

 

3時の位置に日付のレトログラードと、6時の位置に30秒のレトログラードが備わっています。ラグも綺麗に仕上げられており、コインエッジも印象深いのが特徴です。

裏面はサファイアガラス仕様なので、美しいムーブメントが鑑賞できるでしょう。内部に詰まったメカニカルなパーツも、飽きさせない要因になっています。

格上の上品さは、まさにクロノスイスの代表的腕時計です。

【メンズ向け】クロノスイスの定番モデル3選

クロノスイスは世界中で、フォーマルな時計という印象が強いです。特にメンズの中では、それぞれのシーンに合わせて使えるとより愛着が湧きます。

しかし実際、魅力が多いクロノスイスの時計から一本を選ぶのは勇気がいるでしょう。

そこでここからは、メンズ向けのクロノスイス定番モデル3選を紹介します。オススメなモデルは以下の通りです。

  • レギュレーター スモールセコンド CH8723
  • タイムマスター 24 ナイト&デイ CH6433
  • シリウス クロノグラフ スケルトン CH-7543S

それぞれの特徴を解説していきます。

レギュレーター スモールセコンド CH8723

時間、分、秒針のそれぞれが分かれている独特なモデルです。特徴が強く、デザインがかっこいい・かわいいと多くの声が挙がっています。

鮮やかなブルーの文字盤が存在感を強く与えるでしょう。カジュアルファッションに合わせてもビジネスシーンでも、良い印象が持てます。

他人と違ったモデルを好む人にオススメの一本です。

タイムマスター 24 ナイト&デイ CH6433

ブラックデザインを施した24時間時計です。インデックスは夜行性になっており、視認性はかなり高くなっています。

手巻き式ムーブメントを楽しめるシースルーバックも特徴的です。大きめのリューズはおしゃれ感を際立たせ、機能性も高くなっています。

シーンに問わず、オールマイティで使用できる一本です。

シリウス クロノグラフ スケルトン CH-7543S

他のモデルに比べ、高級感をまとったデザインがかっこいいと人気です。より上品さを演出するために、ベルトはクロコダイルレザーを使用しています。

フェイス部分がスケルトンデザインになっているので、時計の動きを楽しめるのも魅力です。

機械式腕時計はコレクターの間で絶大な人気を誇っています。初心者にも、長く愛用できる腕時計としてオススメです。

【レディース向け】クロノスイスの定番モデル3選

クロノスイスは女性も着用できるデザインがあります。あくまでも紳士的デザインが主流ですが、女性の魅力を引き出す装飾も施されているのです。

しかしブランドイメージから、女性用としてどのモデルを選ぶかは容易ではありません。では一体どのモデルが女性にオススメなのか、ここから紹介していきます。

レディース向けのクロノスイス定番モデルは以下の3選です。

  • ルナ トリプルカレンダー CH9321R
  • クロノグラフ スイス Swing CH-2821LLR-SW
  • カイロス ギョーシェ文字盤 CH2023K

それでは、わかりやすく解説していきます。

ルナ トリプルカレンダー CH9321R

女性人気を誇るムーンフェイズを使用している時計です。名前にもあるように、時計に表す月の表情は女性らしさを演出しています。

派手過ぎないデザインは、さまざまなシーンで愛用できる仕様です。精度の高いムーブメントと機能性で、間違いなく快適に着用できるでしょう。

ケースサイズは小さめなので、女性にも手の取りやすい一本です。

クロノグラフ スイス Swing CH-2821LLR-SW

ローズゴールドケース仕様になっており、サファイアクリスタルがより女性感を引き出しています。

洗練されたマザーオブパールの文字盤は人気の高い作りです。

反射防止コーティング加工は、実用性と機能性を兼ね備えています。ワニ革ストラップとブラウンステッチにより、女性を上品にさせるアクセントが素敵です。

カイロス ギョーシェ文字盤 CH2023K

ケースは19のパーツで美しく作られており、防水機能も確保しています。実用性、機能性共に優れた一本です。

気品のあるスターリングシルバー製ダイヤルを用いることで、高級感も出しています。シンプルな外観デザインは、ワンランク上の女性らしさを引き出すでしょう。

どのシーンにも相性ぴったりで、長く愛用できるモデルです。

まとめ

今回はクロノスイスについて解説してきました。

ブランド腕時計については、まだまだ知っておきたいことがたくさんあります。

ぜひ、関連記事も読んで参考にしてみてください。